インタビュー

自分たちで開発するというのが非常に面白い経験

R.W

2004年入社
研究開発部 | プログラマー

入社するまでの経緯を教えてください。

 大学時代にCG関係に興味があり、岩手でできる場所がないか大学の先生に聞いて訪れた施設で、当時インストラクターをしていた当社の社長から、ソフトウェアなどを教えてもらい、CG関係のアルバイトをし始めたのがきっかけです。
 学生時代はずっとアルバイトをしていたのですが、当社の社長が会社を立ち上げることになり、一緒にやらないかと誘われて面白そうだと思い、入社しました。
 それまでいわゆる一般企業に入社しようと考えていましたが、会社を立ち上げる機会は滅多にないので、入社して会社をどんどん大きくしていこうと思いました。

ノーザンシステムサービスの印象を聞かせてください。

 いい意味でゆるいところがあります。大企業や規模が大きい会社だと部署単位で機能の一部を作ることになり、全部のステップに関わることはないのかなと思います。
 機能の一部だけでなく、企画から、提案、製造まで全部の工程に関われるかつ比較的裁量度を伝えられるので、やりがいは感じられると思います。
 自分の意見を、相手が理解して実際に汲んでくれて、お金を払ってくれる流れを作るのは、他ではできない経験ではないのかと思います。
 比較的ゆるいので新しい技術にチャレンジしたいなら向いているところだと思います。

仕事をするうえで大切にしていることはありますか?

 仕様書に沿った機能を実装していくというのは大切ですが、そこだけでやっていくと、ある程度、枠が決まってしまいます。そこに新しい技術を取り入れるためにリサーチをして、常に新しいものを積極的に取り入れ実装していくという流れにこだわっています。
 また、実際に作ったものに関してアウトプットをしていかなければいけないと思っていて、プログラマの技術情報共有サービスサイトや発表会で、技術の紹介をしています。
 自分のやってきたことをまとめて人に教えることで整理もできるし、当社でやっている内容を知ってもらうことでより宣伝になると考えているので、技術を開拓してアウトプットしていくことを心掛けています。

印象に残っている仕事はありますか?

 統計データや、高齢者の人口推計データを地図上にプロットして「見える化」するシステムを作成したことです。
 地図をクリックしてグラフを出したり、グラフの一部が選択されるなど、インタラクティブにグラフと地図が連動するサイトを作ったのは面白かったです。
 また技術的にも面白く、まとめて学会で発表した際に、いろんな人に声をかけていただき、お仕事につながりました。そのあたりからアウトプットが楽しい、隙あらばという風になってきたので、研究開発部が出来たきっかけにもなりました。
 クライアントにもほめていただき、すべてがよく回りました。仕事としても面白くて、技術としても面白かったです。

これからの展望を教えてください。

 今は、受託と研究開発がメインですが、私の昔からの思いとして、自社開発を進めていきたいです。
 受託や委託だと与えられた仕様に向けてやっていくのですが、自分たちで開発するというのも非常に面白い経験です。
 ゲームを企画し開発したときは、予算の中で提案をしていくという流れはあったのですが、どんどん自分たちの考えでユーザーが増えていくという体験が面白かったです。そのゲームの有料化は予算の中でできそうになく進まなかったのですが、今後なんらかのビジネスとしてゲームやアプリを作っていけるのではないかとその時に感じました。
 自分たちの思うように作れるアプリなりゲームなりが常にあり、受託とバランスよく開発できるようになったら収益体制も考えたうえで二極化していければと思っています。

※内容はインタビュー当時のものです。