インタビュー

多岐にわたっている業務で、経験値アップの糧に

H.Y

2019年中途採用
業務管理部 | プログラマー

学生時代はどのようなことをしていましたか?

 大学ではソフトウェア情報学部に所属し、ソフトウェアに関わることを全般的に学びました。情報システム構築学講座に所属し、医療福祉情報システムの研究を行いました。
 具体的には、電子カルテシステム、文字の読み書きや話す聴くが困難になる失語症患者の方々のための学習システム、また、災害時、医療資材利用者のための位置情報発信システム等の研究を行いました。

入社するまでの経緯を教えてください。

 大学卒業後、東京でシステムの運用に関わる仕事をしていました。ハード、ネットワーク等の監視、障害対応、また、プログラムの改修等を主に行っていました。
 その後Uターン転職することを決め、1年半弱で退職し当社に勤めています。

ノーザンシステムサービスを選んだ決め手・知ったきっかけは何ですか?

 岩手県内限定の求人情報サイトがきっかけで知りました。
 インターネットでIT関係の企業を探していたのですが、大手のサイトだと必要とする情報があまり得られず、県内限定の求人サイトがあると知り、そちらを中心に見るようにしていました。その中から気になるものをピックアップしてHPを見に行っていました。
 勤務地や待遇も勿論比較していましたが、特に採用に力を入れているような印象を受け、それが私にとっては良いなと思うポイントでした。なぜならば、Uターンや中途採用のページ、リクルートサイトも用意されており、写真も多く会社の雰囲気を感じやすいコンテンツになっていたため、会社のイメージがつかみやすかったからです。
 また、入社前は遠方に住んでおりましたが、Skypeでの会社説明もしてくださり、どのような理念で、どんなことをしているのかということをHP以上に知ることができたため、採用試験を受けさせていただこうと思い切ることが出来ました。

入社後、ノーザンシステムサービスにどのような印象を持ちましたか?

 前職と比べた時、まず、人が少なくて小さな会社だなと思いました。その分意見も通りやすそうで、風通しが良さそうな印象を持ちました。
 また、人員が少なくとも多岐に渡って業務を行っていることを知り、自分の経験値アップには大きな糧になりそうだなと感じました。

※内容はインタビュー当時のものです。